Kernel-Power 41再び・・・

今年の正月は9連休と長く去年の事故の影響もあり出歩きもせず家の中にこもっておりました。

折角、暇なので去年秋口から調子の悪かった2nd PC修理をしていましたが・・・・

Windows7になってからどうもKernel-Power 41に毎度毎度悩まされるのに嫌気が差しております。

というのも原因がはっきりしない、Logも残らない

なんと言うかwindows2000のunknownの様に「都合が悪いからごめんね。」って感じで何でもかんでもひっくるめてる様にしか感じない嫌な感じしかしない。

まぁ、ブツブツ言っても治らないのでとりあえず症状です。

 

※Windowsの起動中および起動後、突然Video信号が止まりPCがハングアップする。

※Bios画面でもこの症状は発生する。

 

こんな感じだったわけですが、画面出力が止まるわけですからまず疑ったのはVideoCard。

VideoCardはMainPCに繋いでも異常なし、2ndPCのOnBordで出力しても同じ問題が起きる。

あれ?じゃあ電源かと思ったものの退役した電源でTestしても症状変わらず症状がでる。

いきなり、手詰まり状態・・・・

仕方ないので初心に戻り最小起動させてみるとなぜか無事起動。

8時間放置しても問題なし、何外したっけ?と思ったらCubePCなので外すものが少なかったのですが外したのはUSBに刺したもの一式と内装のDVDRom。

どうも、DVDが怪しい。

よく考えてみたらPCある部屋でうち煙草すってるよね。(笑

毎度、PC組むたびにSetUpのためだけにDVDとかかってるくせに、その後まったく使わず真っ先に逝くのが光学ドライブなワケですが今回もこれが逝っているようである。

原因も分かったしDVDの電源およびSATAのケーブルを引っこ抜いて修理無事完了。

 

やっぱり、PCには煙草はよくないと感じ禁煙という二文字が浮かんだのですが、一作業追え満足感に浸りつつ一服するのであった。

About The Author

No Comments